>Japanese top  >English top


  株式会社 シンスター・ジャパン
          
 トピックス    事業形態 
 事業形態
 受託合成
 リンク   
  当社は平成17年度の科学技術振興機構(JST)「大学発ベンチャー創出推進」プログラムの研究成果を引き継ぎ、当社の技術基盤である有機合成技術をベースに受託合成(Custom Synthesis)による収益および公的機関等の支援を仰ぎながら、これまで選択された医薬品候補化合物の有効性と安全性を更に確認し、前臨床試験および臨床試験へと進むことを計画しております。   
 採用情報
 
 
 
   l



これまで支援を受けた国内外プログラム

1999-1999:文部科学省特定領域研究「マラリア制圧の分子論的展開」
        東北大学大学院薬学研究科教授 井原正隆
2003-2004:科学技術振興機構「権利化試験」
        東北大学大学院薬学研究科教授 井原正隆 / 富士フイルム
2005-2007:科学技術振興機構「大学発ベンチャー創出推進」
        開発代表者:星薬科大学特任研究員 井原正隆
        起業家:富士フイルムファインケミカルズ 伊藤勇(元富士フイルム)
2009-2010:科学技術振興機構「A-STEP」ハイリスク挑戦
2010     Medicines for Malaria Venture (Geneva) Late Lead Optimization Project
        (日本企業として初めて採用された)
2016.8   H28年度神奈川県中小企業新商品開発等支援事業
受賞
2011.11  日刊工業新聞社主催「モノづくり連携大賞」特別賞
       (星薬科大学、富士フイルム、富士ファインケミカルズ、日産化学と共同受賞)