>Japanese top  >English top



株式会社シンスター・ジャパン
         
 トピックス    受託合成  
 事業形態
 受託合成
リンク  弊社の技術基盤である有機合成技術を駆使した受託合成事業を実施しております。
採用情報 
  受託合成内容

 現在、ベンチスケール1g 〜 1kg程度、フラスコスケール 〜3Lの合成が可能。
 現状では高圧反応、t-BuLiを使った反応、金属カリウム、KHを使った反応などは困難。 
 合成技術者

・大手化学会社で数十年以上の合成経験者、及びアカデミアの指導的立場にいた合成研究者
・海外大学准教授、及び海外出身博士研究員
・企業及びアカデミアでの合成研究者の参加による合成力の充実を図っております。

 


                         
受託合成の流れ
                           
@お客様からの弊社への「受託合成」お問い合わせ
Aお客様と弊社間の「機密保持契約書(機密保持念書・覚書)」締結
Bお客様からの「合成化合物の処方」の開示
C弊社からの「合成可否」ご連絡、及び「見積書」の提出
Dお客様からの「発注書」の発行
E弊社での合成開始
F弊社からの「製品(納品書)」、及び「請求書」の提出
Gお客様からの「対価支払い」
H弊社からの「領収書」の送付


  受託合成の過程で生まれた発明等の知的財産権は
原則、お客様が保有します。