>Japanese top  >English top

 
 株式会社シンスター・ジャパン
         
 会社設立の理念   会社設立の理念  
 会社概要
 所在地
   
    弊社は、東北大学名誉教授・星薬科大学特任教授の井原正隆と起業家の伊藤勇が平成17年度の科学技術振興機構(JST)「大学発ベンチャー創出推進プログラムで採択された「マラリア等原虫感染熱帯病の治療薬及び診断薬の研究開発」の成果をもとに、原虫疾患治療薬を世に出して地球上の数多くの”尊い命を救う”ことを目的に2007年8月に設立されました。

 私達が目指す医薬品は、世界で最も優れた技術立国の1つである日本が誇れる国際貢献の1つになるものと信じております
 

 
 すでに、トピックス、テクノロジーの項で触れておりますが、主として熱帯、亜熱帯地方に発生するマラリアやリーシュマニア、アフリカ睡眠病、シャーガス病は原虫に起因する深刻な伝染病であり、これらの疾病によって多くの人々が死の危険にさらされております。
また、これらによって、その地域の経済的、文化的発展が妨げられております。これらの疾患を現代でもコントロールできていない最大の原因は、先進諸国がこのような疾患を開発途上国の問題とし、医薬品開発に真剣に取り組んで来なかったためと考えられます。 そこで世界保健機関(WHO)はこれらを早急に解決すべきターゲット疾患と位置づけ先進諸国に支援を求めております。
 

 
    私達は、開発途上国の人々の健康で健全な生活の維持に彼等の土地で必要としている医薬品の開発という側面から手助けし、ひいてはそれが開発途上国の人々自身による経済的発展に寄与することを念じております。